気が気でないとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

気が気でない

「失敗しないかと気が気でない」などのように使う「気が気でない」という言葉。

「気が気でない」は、音読みで「きがきでない」と読みます。

「気が気でない」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「気が気でない」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

気が気でないの意味

「気が気でない」には次の意味があります。

心配で落ち着かない。(出典:大辞林 第三版)

気がかりなことがあり、そわそわして落ち着かない様子を表す慣用句です。
「気が気じゃない」と言うこともあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・今朝は電車が遅れているので、時間に間に合うかと気が気でない

気が気でないのはわかるけれど、もう少し落ち着いたほうがいい。

・この間の試験、合格点まで届いたかどうか気が気でないんだ。

スポンサーリンク

類語

気にする(きにする)
意味:心にとめて不安に思う。心配する。(出典:デジタル大辞泉)

心配(しんぱい)
意味:何か起きはしないかと、気にかけること。不安がること。気がかり。(出典:大辞林 第三版)

痛心(つうしん)
意味:心を痛め悩ますこと。心痛。(出典:デジタル大辞泉)

憂い(うい・うれい)
意味:自分の思うようにならないで、つらい。苦しい。(出典:デジタル大辞泉)

そわそわ
意味:気持ちや態度が落ち着かないさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました