殺菌とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

殺菌

「殺菌作用」などのように使う「殺菌」という言葉。

「殺菌」は、音読みで「さっきん」と読みます。

「殺菌」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「殺菌」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

殺菌の意味

「殺菌」には次の意味があります。

細菌をはじめとする微生物、特に病原菌を死滅させること。(出典:デジタル大辞泉)

読んで字のごとく「菌を殺すこと」を意味します。
「殺菌」は高温、高圧、薬剤を用いて行われます。
菌を死滅させ減少させることを指し、すべての菌を排除することを意味するものではありません。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・刺し傷には少しも危険がないのよ、針の先を炎で殺菌するんですもの。
(出典:ベルグ/行方未知訳『イマージュ』)

殺菌後の寒天がまだしっかりしておれば再生してまた培養基に用いる。
(出典:森村誠一『新・人間の証明(下)』)

・医薬用としても、消毒殺菌用として「日本薬局方」に登録されています。
(出典:平野雅章『食物ことわざ事典』)

・彼に会うとしたら、おれはまだ殺菌処置をする必要があるのか?
(出典:R・エイヴァリー『コンラッド消耗部隊(全4巻) 1 クレイトスの巨大生物』)

・どうやら消毒・殺菌などに使う二重扉のようなものらしい。
(出典:鎌池和馬『とある科学の超電磁砲』)

スポンサーリンク

類語

除菌じょきん
意味:細菌を取り除くこと。(出典:デジタル大辞泉)

消毒しょうどく
意味:病原微生物の増殖を阻止するか殺すかして感染を防ぐこと。(出典:百科事典マイペディア)

無菌むきん
意味:細菌の無いこと。研究などのために、人為的に細菌類が存在しないようにすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

滅菌めっきん
意味:微生物の生細胞を殺すことを殺菌といい、滅菌とは非病原菌、病原菌、細菌胞子もすべて殺すことをいう。(出典:世界大百科事典 第2版)

抗菌こうきん
意味:細菌の発生・生育・増殖などを抑制すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました