歓待とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

歓待

「客人を歓待する」などのように使う「歓待」という言葉。

「歓待」は、音読みで「かんたい」と読みます。

「歓待」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「歓待」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

歓待の意味

「歓待」には次の意味があります。

喜んでもてなすこと。手厚く待遇すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

楽しんでもらえるよう接待することを意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ビルマの村に入って歓待されているうちに、村人がいなくなってしまう。
(出典:竹山道雄『ビルマの竪琴』)

・また彼は、いつも私を歓待するために、さまざまな贈物を用意していた。
(出典:ミラー/大久保康雄訳『南回帰線(上)』)

・実を言えば、歓待が目的ではなく、自身が遊興好きだったのであろう。
(出典:池宮彰一郎『本能寺(上)』)

・これほど歓待されたのは、刑事になって初めてだなと草薙は思った。
(出典:東野圭吾『探偵ガリレオ』)

・客が来る、すると彼らはひとりになったときの楽しさを思って、歓待する。
(出典:小田実『何でも見てやろう』)

スポンサーリンク

類語

厚遇(こうぐう)
意味:手厚くもてなすこと。行き届いたもてなしをすること。優遇。(出典:精選版 日本国語大辞典)

接待(せったい)
意味:客をもてなすこと。もてなし。(出典:デジタル大辞泉)

歓迎(かんげい)
意味:喜んでむかえること。喜んで受け入れること。(出典:デジタル大辞泉)

迎賓(げいひん)
意味:客をもてなすこと。特に国賓などをもてなすこと。(出典:デジタル大辞泉)

接遇(せつぐう)
意味:もてなすこと。接待。応対。(出典: 精選版 日本国語大辞典 )

タイトルとURLをコピーしました