未明とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

未明

「昨夜未明」などのように使う「未明」という言葉。

「未明」は、音読みで「みめい」と読みます。

「未明」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「未明」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

未明の意味

「未明」には次の意味があります。

まだ夜が明けきらない時分。(出典:デジタル大辞泉)

夜明け前を意味します。気象庁の定義では午前0時から午前3時頃のことを指しています。ちなみに夜明けを意味する明け方は午前3時から午前6時頃を指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・でも、ロンドン時間では未明の午前三時十分、つまり深夜にあたります。
(出典:今邑彩『鋏の記憶』)

・雨はやんだが薄靄うすもやが東京中に立てこめている未明五時ごろのことであった。
(出典:横溝正史『金田一耕助ファイル15 悪魔の寵児』)

未明の空はまだ暗く、海に落ちた御守りはすぐに見えなくなってしまった。
(出典:福井晴敏『終戦のローレライ(下)』)

・翌日は未明に二人とも起き出でて、身を浄めて、朝の祈祷を唱えました。
(出典:佐藤正彰訳『千一夜物語 09』)

・ある朝の未明、五時すぎ、ここで一人のヴェトコンの学生が銃殺された。
(出典:開高健『珠玉』)

類語

夜明け前よあけまえ
意味:夜が明ける直前。(出典:デジタル大辞泉)

昧爽まいそう
意味:明け方のほの暗い時。(出典:デジタル大辞泉)

払暁ふつぎょう
意味:夜が明けようとするころ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

あけぼの
意味:ほのぼのと夜が明けはじめるころ。(出典:デジタル大辞泉)

暁闇あかつきやみ
意味:夜明け前、月がなく辺りが暗いこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました