朝食とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

朝食

「朝食をすませる」などのように使う「朝食」という言葉。

「朝食」は、音読みで「ちょうしょく」と読みます。

「朝食」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「朝食」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

朝食の意味

「朝食」には次の意味があります。

あさの食事。朝めし。あさげ。(出典:デジタル大辞泉)

漢字の通り「朝の食事」という意味です。
「朝食」は「あさげ」や「あさしょく」と言うこともありますが、一般的には「ちょうしょく」と言います。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・学校に行く用意をして朝食を食べて、いつもよりちょっと早く家を出た。
(出典:むぅ『「未来に向かって」』)

・その間に朝食でも食べて、力をつけてから、仕事にかかることにしよう。
(出典:ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』)

・わたしは、朝食のしたくがあることを思い出して、すぐにおりて行った。
(出典:シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(下)』)

・そして火のそばに椅子を引きよせ、朝食がすんだかどうか警部にきいた。
(出典:フリーマン・リチャード オースティン『予謀殺人』)

朝食をとらなかったので、その日はまったく飲まず食わずであったのだ。
(出典:シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(下)』)

スポンサーリンク

類語

朝飯(あさめし)
意味:朝の食事。朝食。あさはん。(出典:デジタル大辞泉)

朝餉(あさげ)
意味:朝の食事。あさめし。(出典:デジタル大辞泉)

朝間(あさま)
意味:朝のうち。朝のあいだ。朝。(出典:デジタル大辞泉)

三食(さんしょく)
意味:朝昼晩三度の食事。また、三回分の食事。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ブレックファスト
意味:朝食。ブレークファースト。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました