朝礼とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

朝礼

「朝礼に参加する」などのように使う「朝礼」という言葉。

「朝礼」は、音読みで「ちょうれい」と読みます。

「朝礼」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「朝礼」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

朝礼の意味

「朝礼」には次の意味があります。

学校や会社などで、始業前に全員が集まってあいさつ・連絡などを行う朝の行事。
(出典:デジタル大辞泉)

最初に行われる事でありあいさつはもちろん相手の表情などを見てどんな状態かを
確認したり意思の疎通を図る機会となります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・毎日行われる朝礼でメンバーに感謝を述べたり、褒めるようにしている。
(出典:早見裕司『メイド刑事1』)

・職員朝礼の時、校長は昨日とは打って変った語調で教師たちの前で言った。
(出典:三浦綾子『銃口』)

・日本では戦後も学校で朝礼が実施されている学校が多い。
(出典:下田治美『愛を乞うひと』)

・小学校の朝礼を思い出し、気を入れて必死にやってみたらこれがキツイのなんの。
(出典:群ようこ『撫で肩ときどき怒り肩』)

・彼は朝礼で他のホームヘルパーたちに紹介されることとなった。
(出典:稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』)

類語

朝会(ちょうかい)
意味:茶事七式の一つ。朝の涼しいうちに催す茶事。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

ミーティング(みーていんぐ)
意味:比較的少人数の集会。会合。
(出典:デジタル大辞泉)

集会(しゅうかい)
意味:多くの人が、共通の目的をもって、ある場所に集まること。
(出典:デジタル大辞泉)

打ち合わせ(うちあわせ)
意味:前もって相談すること。下相談。
(出典:デジタル大辞泉)

顔寄せ(かおよせ)
意味: 人々が寄り集まること。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました