暗殺とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

暗殺

「暗殺計画」などのように使う「暗殺」という言葉。

「暗殺」は、音読みで「あんさつ」と読みます。

「暗殺」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「暗殺」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

暗殺の意味

「暗殺」には次の意味があります。

・人を不意に襲って、殺すこと。特に、政治上の主義、立場などの対立が原因の場合が多い。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「暗殺」とは、不意打ちで犯す殺人行為のことです。また、計画犯が直接手を下すのではなく、工作員などに殺害を命じ、実行する例も多くあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・昭和日本ではいつのころからか暗殺ということが英雄的行為となった。
(出典:半藤一利『ノモンハンの夏』)

・主な経営陣を十人ばかり暗殺したところで、財閥ザイバツを殺すことはできない。
(出典:ギブスン『ニューロマンサー』)

・縁組みに邪魔じゃまだからと、わたしが暗殺される可能性もないわけじゃない。
(出典:小沢淳『ムーン・ファイアー・ストーン3 極彩の都』)

・正義の戦いに勝った国が、暗殺を命じていたなんて、公にできなかった。
(出典:時雨沢恵一『キノの旅 第3巻』)

・もっとも、暗殺の気配がありそうだという噂は東條の耳にもはいっていた。
(出典:保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』)

類語

・謀殺(ぼうさつ)
意味:一時的な感情によるのでなく、あらかじめ計画して人を殺すこと。故殺に対するもの。旧刑法では故殺と区別し、謀殺の場合は死刑、故殺の場合は無期徒刑とした。現行刑法ではこの区別を認めていない。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・密殺(みっさつ)
意味:ひそかに殺すこと。特に、合法的でなく家畜を殺すこと。(出典:デジタル大辞泉)

・必殺(ひっさつ)
意味:相手を必ず殺すこと。また、そのような意気込み。(出典:デジタル大辞泉)

・闇討ち(やみうち)
意味:闇にまぎれて人を襲うこと。また転じて、不意を襲うこと。(出典:デジタル大辞泉)

・騙し討ち(だましうち)
意味:だましておいて、不意に討ち取ること。油断させておいて、いきなりひどい仕打ちをすること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました