暇とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

「暇を持て余す」などのように使う「暇」という言葉。

「暇」は、訓読みで「ひま」と読みます。

「暇」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「暇」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

暇の意味

「暇」には次の二つの意味があります。

1 用事のない時間。ひま。
2 一時的に休むこと。休暇。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

暇の意味①「用事のない時間。ひま。」

「暇」の一つ目の意味は「用事のない時間。ひま。」です。

自由に使える時間はありますが、それをどう扱ってよいのか、持て余している状況を指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ここ数ヶ月の共同生活はホームズが言うほどにだったわけではない。
(出典:ドイル・アーサー・コナン『ノーウッドの建築家』)

・でも、私は今、残念ながら、それを詳しくお話しているはありません。
(出典:江戸川乱歩『人間椅子』)

・若いものはな時間でも強い興奮努力を経験している。
(出典:寺田寅彦『アインシュタインの教育観』)

・いや、今は、持っていない物のことを考えてるは無いぞ。
(出典:ヘミングウェイ・アーネスト・ミラー『老人と海』)

類語

退屈(たいくつ)
意味:することがなくて、時間をもてあますこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

徒然(つれづれ)
意味:することがなくて退屈なこと。また、そのさま。手持ちぶさた。(出典:デジタル大辞泉)

アンニュイ
意味:ものうい感じであること。また、そのさま。倦怠(けんたい)。(出典:デジタル大辞泉)

ブランク
意味:仕事などが途切れている期間。また、その状態。(出典:デジタル大辞泉)

暇の意味②「一時的に休むこと。休暇。」

「暇」の二つ目の意味は「一時的に休むこと。休暇。」です。

この場合「いとま」とも読みます。暇乞い(いとまごい)という言葉があるように、人から許しを得て本業としている仕事等から距離を置く、というニュアンスを含みます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・手伝い婆さんは、実は田舎の息子がと自分から口実を作ってをとった。
(出典:織田作之助『雨』)

・わたしは明日にも店のものに、をやる事に決心をした。
(出典:芥川竜之介『報恩記』)

・貞盛は国香の子として京に在つて此事を聞いてを請うて帰郷した。
(出典:幸田露伴『平将門』)

・彼がを出されたというので、この連中は、ひどく悲しがった。
(出典:ルナール・ジュール『にんじん』)

類語

骨休め(ほねやすめ)
意味:からだを休めて疲れをいやすこと。ほねやすみ。(出典:デジタル大辞泉)

余暇(よか)
意味:余ったひまな時間。仕事の合間などの自由に使える時間。(出典:デジタル大辞泉)

リフレッシュ
意味:元気を回復すること。また、生き生きとよみがえらせること。(出典:デジタル大辞泉)

安息(あんそく)
意味:何の煩いもなく、くつろいで休むこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました