早朝とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

早朝

「早朝出発する」などのように使う「早朝」という言葉。

「早朝」は、音読みで「そうちょう」と読みます。

「早朝」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「早朝」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

早朝の意味

「早朝」には次の意味があります。

朝早いとき。朝早いうち。早旦。(出典:デジタル大辞泉)

「早朝」を具体的に言うと「夜明けからおよそ1~2時間」を言います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

早朝の池の面は、水面に更に露がおりたような新鮮さを持っていました。
(出典:豊島与志雄『崖下の池』)

・商店も戸をあけはじめ、レストランは早朝の客でいっぱいになっていた。
(出典:バローズ『火星のプリンセス』)

・その日の早朝、天気予報でどのようなことが言われていたのかわからない。
(出典:乙一『さみしさの周波数』)

・金俊明の姿が北森質店から消えたのは、その二日後の早朝のことだった。
(出典:三浦綾子『銃口』)

・僕が一人で森澤恵里の自宅を訪れたのは、それから二日後の早朝だった。
(出典:三雲岳斗『少女ノイズ』)

スポンサーリンク

類語

薄明(はくめい)
意味:日の出前と日没後のうすあかりの状態。(出典:デジタル大辞泉)

暁(あかつき)
意味:夜半過ぎから夜明け近くのまだ暗いころまで。未明。(出典:精選版 日本国語大辞典)

薄明(はくめい)
意味:日の出前と日没後のうすあかりの状態。(出典:デジタル大辞泉)

暁暗(あかつきやみ)
意味: 明け方、月がなく、あたりが暗いこと。また、そのころ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

朝明け(あさあけ)
意味:朝、空が明るくなること。また、その時分。あさけ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました