文化とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

文化

「日本の文化」などのように使う「文化」という言葉。

「文化」は、音読みで「ぶんか」と読みます。

「文化」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「文化」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

文化の意味

「文化」には次の意味があります。

人間の生活様式の全体。(出典:デジタル大辞泉)

「文化」はわかりやすく言うと「その土地に根差した人々の生活感」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・かくてこそ日本の新文化が世界文化を支配しうると考へるのであります。
(出典:岸田国士『生活力の強化』)

文化部長の注意がなければ僕は通俗小説を書いてしまったかも知れない。
(出典:織田作之助『文学的饒舌』)

・しかし一国の文化が興るのにはどうしてもこういう犠牲者が必要なんだ。
(出典:坂口安吾『スポーツ・文学・政治』)

・それは或文化住宅の前にトラック自動車の運転手と話をしている夢だった。
(出典:芥川竜之介『蜃気楼』)

・かくては日本は、戦争に勝っても文化的には敗北せざるを得ないだろう。
(出典:坂口安吾『芸道地に堕つ』)

類語

教養(きょうよう)
意味:教え育てること。(出典:デジタル大辞泉)

カルチャー
意味:文化。教養。(出典:デジタル大辞泉)

教化(きょうか)
意味:人を教え導き、また、道徳的、思想的な影響を与えて望ましい方向に進ませること。(出典:デジタル大辞泉)

人文(じんぶん)
意味: 人類の文化・文明。(出典:デジタル大辞泉)

文明(ぶんめい)
意味:人知が進んで世の中が開け、精神的、物質的に生活が豊かになった状態。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました