改善とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

改善

「食生活を改善する」などのように使う「改善」という言葉。

「改善」は、音読みで「改善」と読みます。

「改善」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「改善」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

改善の意味

「改善」には次の意味があります。

悪いところを改めてよくすること。(出典:デジタル大辞泉)

日本の製造業において、独自に編み出された品質向上や生産性向上を成功させたやり方の象徴的な言葉として用いられる場合もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・おれが地上に行ったところで、事態が改善されるとはまったく思えない。
(出典:喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』)

・何年もろくに口をきかなかった母娘の関係が眼にみえて改善したのだ。
(出典:森瑤子『恋愛論』)

・「メイン・システムの状況は、大幅に改善されております」デッカーは報告した。
(出典:ロッデンベリイ『スター・トレック』)

・にもかかわらず、地球側にはなお「外交勢力による関係改善」という、効果のない方策に希望をつなぐ政治家が多かった。
(出典:小松左京『華やかな兵器』)

・会社の改善点をはじめ、建設的なことを書いてきてくれています。
(出典:城山三郎『勝 つ 経 営』)

類語

改良(かいりょう)
意味:物事の悪いところを改めて、前よりよくすること。(出典:大辞林 第三版)

発展(はってん)
意味:物事の勢いなどが伸び広がって盛んになること。物事が、より進んだ段階に移っていくこと。(出典:デジタル大辞泉)

前進(ぜんしん)
意味:物事がよいほうへ動くこと。(出典:デジタル大辞泉)

革新(かくしん)
意味:習慣、制度、組織、方法などを改めて、新しくすること。現状を変えること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

アドバンス
意味:進むこと。前進すること。進歩すること。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました