摩訶不思議とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

摩訶不思議

「摩訶不思議な出来事」などのように使う「摩訶不思議」という言葉。

「摩訶不思議」は「まかふしぎ」と読みます。

「摩訶不思議」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「摩訶不思議」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

摩訶不思議の意味

「摩訶不思議」には次の意味があります。

非常に不思議なこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「摩訶不思議」をわかりやすく言うと、「普段はおこらない理解しがたい不思議なこと」という意味になります。
「摩訶」は「大きい」を意味する仏教用語です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・もっとも、刃物に摩訶不思議な神秘性を感じるのは西洋人だけじゃない。
(出典:樋口有介『魔女』)

・そんな摩訶不思議なことがおこるなんて、どうしても考えられなかった。
(出典:チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(下)』)

・ ところが、摩訶不思議なことにわが輩にはちゃんとその八割が理解できた。
(出典:北杜夫『マンボウ響躁曲 地中海・南太平洋の旅』)

・この老達な説教師は、摩訶不思議な花火を携えて登場したのであった。
(出典:小栗虫太郎『後光殺人事件』)

・あのときの摩訶不思議な謎は、彼の心の中でまだ解けていない。
(出典:長尾三郎『魂を彫る 鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」)

スポンサーリンク

類語

奇奇怪怪ききかいかい
意味:きわめて奇怪なこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

奇怪千万きかいせんばん
意味:はなはだ奇怪なさま。きわめて不都合なさま。(出典:デジタル大辞泉)

咄咄怪事とつとつかいじ
意味:たいへん奇怪な事柄。(出典:デジタル大辞泉)

不可思議ふかしぎ
意味:常識では考えられないこと。考え及ばないこと。異様なこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

不可解ふかかい
意味:理解に苦しむこと。理解しようとしてもわけのわからないこと。また、そのさま。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました