換算とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

換算

「メートルをミリメートルに換算する」などのように使う「換算」という言葉。

「換算」は、音読みで「かんさん」と読みます。

「換算」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「換算」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

換算の意味

「換算」には次の意味があります。

・ある数量を他の単位に換えて計算しなおすこと。(出典:デジタル大辞泉)

「換算」される対象は、「長さ」「重量」「体積」「温度」「面積」「圧力」「エネルギー」「時間」「角度」「速度」「燃料」「データ容量」など様々な単位があります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・二倍くらいに換算してみれば、つまり、十万円と思えばいいのだろうか。
(出典:阿刀田高『三角のあたま』)

・会議で失われているエネルギーを換算したら、莫大なものになるだろう。
(出典:齋藤孝『「できる人」はどこがちがうのか』)

・円に換算していくらぐらいになるのか気になるが、どうもよくわからない。
(出典:星新一『きまぐれ博物誌』)

・数学者たちは度量衡の換算表の発見に勇気付けられている様子だった。
(出典:ホーガン『星を継ぐもの』)

・そこは畳に換算すれば40畳はあろうかというほどの板張りの部屋だった。
(出典:大石圭『自由殺人』)

スポンサーリンク

類語

・転向(てんこう)
意味:それまでの、方向・方針・職業・好みなどを変えること。(出典:デジタル大辞泉)

・コンバージョン(こんばーじょん)
意味:変えること。変わること。変換。転換。(出典:大辞林 第三版)

・変換(へんかん)
意味:あるものを別の形のものに変えること。また、変わること。 (出典:大辞林 第三版)

・転換(てんかん)
意味:別のものに変えること、特に、傾向・方針などを、違った方向に変えること。また、別のものに変わること。(出典:デジタル大辞泉)

・兌換(だかん)
意味:とりかえること。ひきかえること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました