推測とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

推測

「犯行の動機を推測する」などのように使う「推測」という言葉。

「推測」は、音読みで「すいそく」と読みます。

「推測」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「推測」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

推測の意味

「推測」には次の意味があります。

・ある事柄をもとにして推量すること。(出典:デジタル大辞泉)

「推測」の「推」は考えをおしすすめる、おしはかることを意味し、「測」はおしはかる、推量することを意味するため、「推測」は「わからない物事に対してあれこれ考えて前に押し出し、こうではないかと見当をつけること」を指す言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ぼくはそのことを、かれのグラフから推測しなければいけなかったんだ。
(出典:ハインライン『愛に時間を1』)

・そこに同一の作者を推測するのも決して大胆すぎる説ではありますまい。
(出典:和辻哲郎『古寺巡礼』)

・でも誰一人あの人のいつもの様子からその事実を推測した者はありますまい。
(出典:エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』)

・このように記述が移り変わっていった経緯は、以下のように推測できる。
(出典:富田倫生『パソコン創世記』)

・この転換過程がそうそう簡単に完了しないであろうことは容易に推測がつく。
(出典:津野海太郎『本はどのように消えてゆくのか』)

類語

・憶測(おくそく)
意味:自分でかってに推測すること。当て推量。(出典:デジタル大辞泉)

・忖度(そんたく)
意味:他人の心をおしはかること。また、おしはかって相手に配慮すること。(出典:デジタル大辞泉)

・推察(すいさつ)
意味:他人の事情や心中を思いやること。おしはかること。推量。(出典:デジタル大辞泉)

・推理(すいり)
意味:ある事実をもとにして、まだ知られていない事柄をおしはかること。(出典:デジタル大辞泉)

・推量(すいりょう)
意味:物事の状態・程度や他人の心中などをおしはかること。推測。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました