捏造とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

捏造

「事実を捏造する」などのように使う「捏造」という言葉。

「捏造」は、音読みで「ねつぞう」と読みます。

「捏造」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「捏造」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

捏造の意味

「捏造」には次の意味があります。

事実でないことを事実のようにこしらえること。でっちあげること。(出典:デジタル大辞泉)

わかりやすく言うと、嘘をさも本当かのように仕立て上げることです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・人望を得たくて話を捏造することくらい、たいしたことではないとも思える。
(出典:片山憲太郎『電波的な彼女3』)

・また領収書の日付にも不審な点があり、捏造の疑いが持たれています。
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 8 祭囃し編』)

・ それが捏造されたものだとはどうしても思えないし、思いたくない。 
(出典:九里史生『SAO Web 0401 第一章~第三章』)

・そんなものはこの世に存在しないのだから、要するに捏造するのだろう。
(出典:松村栄子『雨にもまけず粗茶一服』)

・冗談で捏造してみたが、一度ぐらいなら観賞しても吝かではない気がした。
(出典:入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 03 死の礎は生』)

スポンサーリンク

類語

偽作(ぎさく)
意味:本物に似せて作ること。特に、書画などを本来の作者の作品に見せかけて作ること。(出典:デジタル大辞泉)

偽造(ぎぞう)
意味:本物をまねて、類似の物を造ること。特に、貨幣、文書、印章などのにせ物を造ること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

虚言(きょげん)
意味:うそを言うこと。また、その言葉。きょごん。(出典:デジタル大辞泉)

贋作(がんさく)
意味:小説、絵画、工芸品などのにせもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

作り話(つくりばなし)
意味:ないことをいかにも本当らしく作った話。また、事実ではなく想像で作った話。うその話。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました