スポンサーリンク

挫折とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

挫折

「挫折感を味わう」などのように使う「挫折」という言葉。

「挫折」は、音読みで「ざせつ」と読みます。

「挫折」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「挫折」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

挫折の意味

「挫折」には次の意味があります。

仕事や計画などが、中途で失敗しだめになること。(出典:デジタル大辞泉)

「挫折」をわかりやすく言うと「くじけ折れること。」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・これまで夢を必ず実現させてきた植村は、ここで初めて大きく挫折した。
(出典:長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』)

・あまりの修行の厳しさに志半ばにして挫折するやつが大半だったようだ。
(出典:高橋克彦『即身仏(ミイラ)の殺人』)

・自分の挫折やその後の選択で友達を失ったことは、確かに辛い経験だった。
(出典:今野緒雪『お釈迦様もみてる 1 紅か白か』)

・おそらく、子供の時から挫折ということを知らずに来たに違いない。
(出典:平岩弓枝『パナマ運河の殺人』)

・あまりに純粋なだけに、いつ挫折するかわからぬもろさがあると思っていた。
(出典:三浦綾子『雨はあした晴れるだろう』)

類語

没落(ぼつらく)
意味:栄えていたものが衰えること。(出典:デジタル大辞泉)

敗北感(はいぼくかん)
意味:負けた、敗北を喫した、という感慨を指す表現。(出典:実用日本語表現辞典)

頓挫(とんざ)
意味:勢いが急に弱まること。また、計画や事業などが途中で遂行できなくなること。(出典:デジタル大辞泉)

絶望(ぜつぼう)
意味:希望を失うこと。全く期待できなくなること。(出典:デジタル大辞泉)

無力感(むりょくかん)
意味:自分に力がないとわかったときのむなしい気持ち。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました