抗菌とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

抗菌

「寝具を抗菌する」などのように使う「抗菌」という言葉。

「抗菌」は、音読みで「こうきん」と読みます。

「抗菌」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「抗菌」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

抗菌の意味

「抗菌」には次の意味があります。

細菌の発生・生育・増殖などを抑制すること。(出典:デジタル大辞泉)

わかりやすく言うと「細菌の増殖を抑えること」です。
似た言葉の「除菌」は「菌を取り除くこと」、「殺菌」は「菌を殺すこと」を意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・現実世界でも、銀イオンは強力な抗菌性を持つため、殺菌装置に利用されている。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 第10巻 -Elements』)

抗菌グッズで解決するかというと、それは免疫力低下でさらによたよたになるという現実がある。
(出典:赤瀬川原平『老人力 全一冊』)

・比較的広い抗菌スペクトルを持つ抗生物質とは区別される。

・濃縮後の果汁は高い濃度を持つため、その後も高い抗菌効果を見込むことができる。

スポンサーリンク

類語

滅菌(めっきん)
意味:熱・薬品・放射線などで細菌を死滅させること。(出典:デジタル大辞泉)

除菌(じょきん)
意味:細菌を取り除くこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

殺菌(さっきん)
意味:細菌をはじめとする微生物、特に病原菌を死滅させること。(出典:デジタル大辞泉)

抑制(よくせい)
意味:おさえとどめること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました