投資とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

投資

「会社に投資する」などのように使う「投資」という言葉。

「投資」は、音読みで「とうし」と読みます。

「投資」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「投資」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

投資の意味

「投資」には次の意味があります。

利益を得る目的で、事業・不動産・証券などに資金を投下すること。転じて、その将来を見込んで金銭や力をつぎ込むこと。(出典:デジタル大辞泉)

「投資」は、もともと「事業や株などに資金を投下すること」を意味する言葉ですが、転じて事業や株などに限らず、様々なものに対してお金や力や時間などをつぎ込むことも意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・貴重な金と時間を投資して、もし彼女に逃げられたらどうしようか。
(出典:阿部牧郎『オフィスラブ――甘い誘惑』)

・自分の気持ちを投資する価値があるかどうか、頭でちゃんと考えてる。
(出典:日向蓬『マゼンタ100』)

・あなたの財産は、イギリス政府の公債に投資してありますから安全です。
(出典:シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(下)』)

・五千万円もあれば、新米の個人投資家としては十分な元手になるだろう。
(出典:石田衣良『波のうえの魔術師』)

・海外投資したお金が全部国内に還流してきてしまったんです。
(出典:大澤真幸『戦後の思想空間』)

スポンサーリンク

類語

投入(とうにゅう)
意味:事業などに資金・労力などを注ぎこむこと。(出典:デジタル大辞泉)

投下(とうか)
意味:資本を出すこと。投入すること。(出典:大辞林 第三版)

出資(しゅっし)
意味:資金を出すこと。特に、事業を営むための資金として、金銭その他の財産または労務・信用を会社または組合にだすこと。(出典:デジタル大辞泉)

資本金(しほんきん)
意味:広く一般に、事をなすためのもとで。(出典:精選版 日本国語大辞典)

インベストメント
意味:投資。出資。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました