成果とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

成果

「仕事の成果」などのように使う「成果」という言葉。

「成果」は、音読みで「せいか」と読みます。

「成果」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「成果」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

成果の意味

「成果」には次の意味があります。

あることをして得られたよい結果。(出典:デジタル大辞泉)

「仕事の成果」で「仕事をして得られた良い結果」という意味になります。
悪い意味では使いません。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・わが県立近代美術館にとっても、これは大きな成果になるはずだからね。
(出典:二階堂黎人『奇跡島の不思議』)

・彼はなんの成果も得られぬままに、この捜索で二時間を失ったのである。
(出典:アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯』)

・同様にこの実験が成果を上げたことにもまた驚く必要はあるまい。
(出典:ハインライン『愛に時間を1』)

・この双方の欠点を解消しようとする動きが、ここにきて成果を上げてきた。
(出典:富田倫生『短く語る『本の未来』』)

・問題を解決しようとしながら、結局いつまでも目指す成果は得られない。
(出典:カーソン/青樹簗一訳『沈黙の春』)

スポンサーリンク

類語

結実(けつじつ)
意味:努力した結果として、成果が得られること。(出典:デジタル大辞泉)

結晶(けっしょう)
意味:ある事柄が積み重なり、他のある形をとって現れること。(出典:デジタル大辞泉)

作用(さよう)
意味:他のものに力を及ぼして影響を与えること。(出典:デジタル大辞泉)

首尾(しゅび)
意味:物事がうまくまとまるように処理すること。(出典:デジタル大辞泉)

結末(しまつ)
意味:ある物事の最終的な状況。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました