愛用とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

愛用

「故人が愛用した品」などのように使う「愛用」という言葉。

「愛用」は、音読みで「あいよう」と読みます。

「愛用」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「愛用」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

愛用の意味

「愛用」には次の意味があります。

好んでいつも使うこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

文字通り愛して用いるという意味でもいつも使うものを愛用品などというように使います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そして自分の横に立てかけてあった愛用の刀を、私すぐ目の前に置いた。
(出典:時雨沢恵一『キノの旅 第5巻』)

・彼女はその危惧がないところから、このホテルを愛用していたのである。
(出典:森村誠一『日本アルプス殺人事件』)

・その力の半分は、奴が愛用している木刀に込められた奴の父の念による。
(出典:菊地秀行『魔界都市〈新宿〉』)

・見れば確かに、姉の愛用しているミシン台の上に、白い服が載っていた。
(出典:伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第9巻』)

愛用の武器と馬さえあれば、こんな連中は軽くあしらってみせるのだが。
(出典:ドイル/秋田元一訳『豪勇ジェラールの冒険』)

類語

日用(にちよう)
意味:毎日使用すること。また、そのもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

賞用(しょうよう)
意味:ほめて用いること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

愛好(あいこう)
意味:物事を愛し好むこと。多く、趣味的なものに親しむ場合にいう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

掌中の珠(しょうちゅうのたま)
意味:手の内にある珠玉。掌珠。転じて、大切なもの。大事なもの。また、最愛の子どもや妻にたとえていう語。(出典:精選版 日本国語大辞典)

愛蔵(あいぞう)
意味:物を大切にして、しっかりしまっておくこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました