想定とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

想定

「想定内」などのように使う「想定」という言葉。

「想定」は、音読みで「そうてい」と読みます。

「想定」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「想定」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

想定の意味

「想定」には次の意味があります。

ある条件や状況を仮に設定すること。(出典:デジタル大辞泉)

「想定内」は「あらかじめ考えていた状況の範囲内」という意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あらゆる事態を想定して、すでに万全の対策がとられているのである。
(出典:三好徹『狙撃者たちの夏サミット・コンフィデンシャル』)

・そこまでは彼の想定どおりの展開だった。
(出典:舞阪洸『サムライガード』)

・そこには記者会見で想定される質問が書かれていた。
(出典:村上春樹『1Q84 BOOK1』)

・そのパターンはまったく想定していなかった。
(出典:西尾維新『伝説シリーズ 1 悲鳴伝』)

・打倒できる算段も勝利への過程も、結局は想定できなかった。
(出典:奈須きのこ『歌月十夜-1 本編』)

類語

仮定(かてい)
意味:未定のこと、不確かなことを仮にこうと定めること。また、仮に定めた事柄。(出典:デジタル大辞泉)

推測(すいそく)
意味:ある事柄をもとにして推量すること。(出典:デジタル大辞泉)

予想(よそう)
意味:物事の成り行きや結果について前もって見当をつけること。また、その内容。(出典:デジタル大辞泉)

見做す(みなす)
意味:仮にそうと見る。そうでないものをそうとする。仮定する。(出典:デジタル大辞泉)

想像(そうぞう)
意味:実際には経験していない事柄などを推し量ること。また、現実には存在しない事柄を心の中に思い描くこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました