念を押すとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

念を押す

「参加してくれるよう念を押す」などのように使う「念を押す」という言葉。

「念を押す」は、「念」は音読み「押す」は訓読みで「ねんをおす」と読みます。

「念を押す」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「念を押す」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

念を押すの意味

「念を押す」には次の意味があります。

相手に十分に確かめる。重ねて注意する。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「参加してくれるよう念を押す」は「参加してくれるよう重ねて言う」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・もう一度念を押し、少し離れて立っていた若い男のほうへ戻って行った。
(出典:赤川次郎『おやすみ、テディ・ベア 下』)

・そういうわかりきったことに、念を押さねばならぬ事情とはなんだろう。
(出典:横溝正史『女が見ていた』)

・そこに待っていなさいよ、と念を押してお母さんは電話の親機に走る。
(出典:今野緒雪『マリア様がみてる 04 ロサ・カニーナ』)

・二通とも元気そうで必要な時にはいつでも連絡するようにと念を押していた。
(出典:ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04a ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』)

・数多い課長たちの中で、誰がそんな念を押される立場にいるというのだ。
(出典:半村良『都市の仮面』)

スポンサーリンク

類語

駄目押しだめおし
意味:念のためもう一度確かめておくこと。(出典:デジタル大辞泉)

抜け目がないぬけめがない
意味: 注意深く、やることに抜けたところがない。 (出典:デジタル大辞泉)

気が付くきがつく
意味:細かいところにまで注意がゆきとどく。(出典:デジタル大辞泉)

気を回すきをまわす
意味:いろいろとよけいなところまで、心をはたらかせる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

留意りゅうい
意味:ある物事に心をとどめて、気をつけること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました