徹夜とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

徹夜

「テスト前は徹夜で勉強する」などのように使う「徹夜」という言葉。

「徹夜」は、音読みで「てつや」と読みます。

「徹夜」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「徹夜」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

徹夜の意味

「徹夜」には次の意味があります。

夜を徹すること。一晩じゅう。夜どおし。また、一晩じゅう寝ないでいること。夜明かしすること。よもすがら。徹宵。(出典:精選版 日本国語大辞典)

一晩中寝ないことを意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・いまでも徹夜が続いたときなど、無理がすぎると症状が出ることもある。
(出典:稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』)

・私たちはその晩ほとんど徹夜で事件の状況をあらゆる角度から検討した。
(出典:クリスティ/赤冬子訳『茶色の服を着た男』)

・ここで徹夜せねばならないことが、ふたりにある覚悟を促したのである。
(出典:深田祐介『炎熱商人(上)』)

・現在の階級に昇進して以来、徹夜の仕事などはしなくなっているのである。
(出典:アイルズ/宮西豊逸訳『殺意』)

・井崎には、彼女は、あと二日でも三日でも徹夜できるだろうと思われた。
(出典:山口瞳『人殺し(上)』)

類語

宵っ張り(よいっぱり)
意味:夜遅くまで起きていること。また、そのような習慣の人。(出典:デジタル大辞泉)

夜を明かす(よるをあかす)
意味:寝ないで、朝を迎える。一晩中寝ないでいる。徹夜する。(出典:精選版 日本国語大辞典)

夜更かし(よふかし)
意味:夜遅くまで起きていること。(出典:デジタル大辞泉)

夜を徹する(よるをてっする)
意味:夜通し物事を行う。徹夜する。(出典:デジタル大辞泉)

寝も寝ず(いもねず)
意味:眠りもしない。熟睡もしない。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました