当意即妙とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

当意即妙

「当意即妙な受け答えをする」などのように使う「当意即妙」という言葉。

「当意即妙」は、音読みで「とういそくみょう」と読みます。

「当意即妙」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「当意即妙」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

当意即妙の意味

「当意即妙」には次の意味があります。

すばやくその場面に適応して機転をきかすこと。(出典:デジタル大辞泉)

「当意即妙」は、おもに人の発言や会話など、頭の回転の速さを褒めるときなどに用いられています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・自分では意識しないまま、当意即妙の受け答えというやつをしてしまったようだ。(出典:乾くるみ『イニシエーション・ラブ』)

・また季節による素材自体の変化に応じて、当意即妙に発想するのが料理だとも知らされた。(出典:松平維秋『松平維秋の仕事』)

・こういう危機にのぞんでの当意即妙の処理は、高杉でないとできない芸当である。(出典:大宅壮一『炎は流れる2 明治と昭和の谷間』)

・人にあやつられているだけの機械に、こんなに当意即妙のうけこたえが出来ると思いますか?(出典:安部公房『第四間氷期』)

当意即妙に応答する才能に恵まれていなかったので、何も思いつかなかったからだ。(出典:バローズ/佐藤高子訳『ペルシダーに還る』)

類語

臨機応変りんきおうへん
意味:その時その場に応じて、適切な手段をとること。(出典:デジタル大辞泉)

最適さいてき
意味: 最も適当であること。いちばん適していること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

便宜べんぎ
意味:ある目的や必要なものにとって好都合なこと。便利がよいこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

剴切がいせつ
意味:よくあてはまること。非常に適切なこと。真相に近いこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

好都合こうつごう
意味:条件などにかなっていて、都合がよいこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました