座礁とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

座礁

「船が座礁した」などのように使う「座礁」という言葉。

「座礁」は、音読みで「ざしょう」と読みます。

「座礁」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「座礁」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

座礁の意味

「座礁」には次の意味があります。

船底が水底に接着して航走不可能となった状態を乗上げといい,特に水底が岩礁など堅固な地物である場合を座礁という。(出典:百科事典マイペディア)

まれに比喩的な表現として、思わぬ障害によって物事の進行が妨げられたときなどにも、用いられる場合があります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・航行中の海域から判断して、座礁ということはまず有り得そうもなかった。(出典:鈴木光司『仄暗い水の底から』)

・船はゆっくりと、座礁しない程度まで海岸に近づいて、そこで船足を停めた。(出典:内田康夫『贄門島(にえもんじま)下』)

・浅瀬に迷い込み座礁してしまっては、船は立ち往生して動かなくなる。(出典:三浦真奈美『風のケアル 第3巻 嵐を呼ぶ烽火』)

・実はここに来て、私たちの研究は最初の山を迎えたらしく、数週間前から研究は座礁していた。(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 8 祭囃し編かけら&TIPS』)

・時間であるところの本来の主体は、それ自身が勝手な時刻表を産みだして、出来事を推進したり座礁させたりする。(出典:船木亨『メルロ=ポンティ入門』)

類語

擱岩かくがん
意味:船舶が岩礁(がんしょう)に乗り上げること。(出典:デジタル大辞泉)

擱座かくざ
意味:船舶が浅瀬、暗礁に乗り上げて動けなくなること。(出典。デジタル大辞泉)

座州ざす
意味:船が浅瀬に乗り上げること。(出典:デジタル大辞泉)

擱岸かくがん
意味:船舶が岸に乗り上げること。(出典:デジタル大辞泉)

暗礁に乗り上げるあんしょうにのりあげる
意味:思わぬ障害が出てきて物事の進行が阻まれる。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました