巻土重来とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

巻土重来

「巻土重来を期する」などのように使う「巻土重来」という言葉。

「巻土重来」は、音読みで「けんどちょうらい」と読みます。

「巻土重来」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「巻土重来」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

巻土重来の意味

「巻土重来」には次の意味があります。

物事に一度失敗した者が、非常な勢いで盛り返すこと。
(出典:デジタル大辞泉)

「巻土」は「勢いよく土煙が巻き上がること」、「重来」は「再びやってくること」を意味する二字熟語です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・曹操は軍をひいたが、来春にでもなればまた、捲土重来してくるだろう。(出典:吉川英治『三国志』)

捲土重来の手ぐすねをひき、ふたたび疲れた弦之丞を危地へ誘い込もうとする。
(出典:吉川英治『鳴門秘帖』)

類語

取り返し(とりかえし)
意味:取り返すこと。もとの状態に戻すこと。「取り返しのつかない失敗」(出典:デジタル大辞泉)

克服(こくふく)
意味:努力して困難にうちかつこと。「病を克服する」(出典:デジタル大辞泉)

回天(かいてん)
意味:時勢を一変させること。衰えた勢いを盛り返すこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました