対処とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

対処

「対処法を探す」などのように使う「対処」という言葉。

「対処」は、音読みで「たいしょ」と読みます。

「対処」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「対処」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

対処の意味

「対処」には次の意味があります。

ある事柄・状況に合わせて適当な処置をとること。(出典:デジタル大辞泉)

言い換えると「ある事柄・状況にふさわしい始末をつける」または「ある事柄・状況にふさわしい処理を施すこと」となります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・状況を利用すれば三対一だが、その後オレは二人をどう対処すればいい。 
(出典:同人『魔法使いの夜~Wicth on the Holy Night~』)

・ 全くここの女たちにはどう対処していいのか、皆目見当がつかなかった。
(出典:群ようこ『アメリカ居すわり一人旅』)

・したがって、敵が早い時期に反撃してきた場合の対処も考えられている。
(出典:森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 01 絆のかたち』)

・ そして僕はどこかで、それでも冷静に対処できると過信していたと思う。
(出典:サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』)

・ 対処方法が人々にしっかりと伝われば、安心して動物園にも来てくれる。
(出典:小菅正夫『〈旭山動物園〉革命――夢を実現した復活プロジェクト』)

類語

方を付ける(かたをつける)
意味:物事の決着をつける。始末をつける。(出典:デジタル大辞泉)

応対(たいおう)
意味:相手になって、受け答えすること。(出典:デジタル大辞泉)

処理(しょり)
意味:物事を取りさばいて始末をつけること。(出典:デジタル大辞泉)

取計らう(とりはからう)
意味:物事がうまく運ぶように考えて処理をする。(出典:デジタル大辞泉)

融通(ゆうずう)
意味:とどこおりなく通じること。転じて、必要に応じて自在に処理すること。ゆずう。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました