実績とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

実績

「実績がある」などのように使う「実績」という言葉。

「実績」は、音読みで「じっせき」と読みます。

「実績」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「実績」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

実績の意味

「実績」には次の意味があります。

実際に現れた功績、または成績。(出典:デジタル大辞泉)

「実績」をわかりかりやすく説明すると、成し遂げた成績や手柄のことで、過去の成績のことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それだけの実績では『書籍化しょせきかするほどの人気がある』とは認められない
(出典:伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第3巻』』


実績的には何の不安もないが、今回ばかりは敵を屠るだけの戦いとは違う。
(出典:喬林知『今日からマ王 第13巻 「これがマのつく第一歩! 」』)

・国内トップの研究所でロケット研究してきた実績と実力があるんですから。でもね、俺たちは違う。
(出典:池井戸潤『下町ロケット』)

・もっとも、過去数ヶ月の実績にかんがみればごく自然な結論なのだが。
(出典:米澤穂信『古典部シリーズ2 愚者のエンドロール』)

・お望みのように仕上げてもいいのだが、わたしは実績主義なんでね。
(出典:星新一『地球から来た男』)

類語

成果せいか
意味:あることをして得られたよい結果。(出典:デジタル大辞泉)

業績ぎょうせき
意味:事業や研究などの上での成果。(出典:精選版 日本国語大辞典)

足跡あしあと
意味:仕事のうえでの成果。業績。(出典:デジタル大辞泉)

功績こうせき
意味:あることを成し遂げた手柄。すぐれた働きや成果。(出典:デジタル大辞泉)

出来でき
意味:できあがった状態。できぐあい。できばえ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました