奇をてらうとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

奇をてらう

「奇をてらった作戦」などのように使う「奇をてらう」という言葉。

「奇をてらう」は、音読みで「きをてらう」と読みます。

「奇をてらう」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「奇をてらう」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

奇をてらうの意味

「奇をてらう」には次の意味があります。

わざと普通と違っていることをして人の注意を引こうとする。(出典:デジタル大辞泉)

「奇をてらう」を分かりやすく言うと「人の気を引くために、わざと変わったことをすること」という意味です。「奇をてらう」は本来は「奇を衒う」と表記します。「衒う(てらう)」と同じような読み方の「狙う」を用いた「奇を狙う」という表現は誤りですので、注意しましょう。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・雑器の美などいえば、如何にも奇を衒う者のようにとられるかも知れぬ。
(出典:柳宗悦『民芸四十年』)

・模倣を通過しない技能は奇を衒う破目に陥りやすく、実を結ばないことのほうが多いのだ。
(出典:里中哲彦『鬼平犯科帳の人生論』)

・私が考えたようなロマンチックな遊び心や、奇を衒う気持からではなかった。
(出典:西村京太郎『夜が待っている』)

・文字どおり、奇を衒うような行為。
(出典:多島斗志之『症例A』)

・別に気どるわけでもなく、奇を衒うわけでもなく、次のような衣裳を日常生活の中に持ち込んでいたブレヒトは、多分衣裳を「形而下棒」に転化させることを知悉していたといえるだろう。
(出典:山口昌男『道化的世界』)

類語

人気取り(にんきとり)
意味:世間や周囲の人気を得ようとすること。また、それが巧みな人。(出典:デジタル大辞泉)

売名(ばいめい)
意味:自分の名前が世間に知れわたるようにと努めること。見栄や利得のために名声を広めようとすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

スタンドプレー
意味:世間の注目を集めようとして意識的に行なう行為。(出典:精選版 日本国語大辞典)

パフォーマンス
意味:人目を引くためにとる行動。目立つようにことさらにする行為。(出典:精選版 日本国語大辞典)

奇想天外(きそうてんがい)
意味:思いもよらないような奇抜なこと。(出典:四字熟語を知る辞典)

タイトルとURLをコピーしました