失業とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

失業

「失業率が低い」などのように使う「失業」という言葉。

「失業」は、音読みで「しつぎょう」と読みます。

「失業」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「失業」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

失業の意味

「失業」には次の意味があります。

それまでついていた職を失うこと。
 また、働く能力と意志とを持ちながら職に就けない状態にあること。

 (出典:精選版 日本国語大辞典)

社会情勢の変化があると影響を受ける業界が出てくると言う点では会社に依存しすぎず
何か自分の力で稼ぐ事が出来る知識・技術を持っておく事がこれからの時代は要求されます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・また山田が失業しなければ自分の働いた分だけは貯金することが出来る。
(出典:北条民雄『道化芝居』)

・自分が失業した経緯について簡単に話すと、藍は、熱心に聞いてくれた。
(出典:貴志祐介『クリムゾンの迷宮』)

・俺は失業中で、ときどきアルバイトをして食いつなぐ必要があったんだ。
(出典:貴志祐介『クリムゾンの迷宮』)

失業対策事業をやっておりますと、健康保険に入れられてしまうんですね。
(出典:半村良『下町探偵局PART1』)

・彼は失業労働者で、彼の家族の人々は、数日来なんにも食わないのだという。
(出典:クロポトキン・ピョートル・アレクセーヴィチ『青年に訴う』)

類語

退職(たいしょく)
意味:勤めている職をやめること。
(出典:デジタル大辞泉)

リストラ(りすとら)
意味:退職させること。
(出典:デジタル大辞泉)

廃業(はいぎょう)
意味:それまでの商売や職業をやめること。
(出典:デジタル大辞泉)

離職(りしょく)
意味:職務から離れること。
(出典:デジタル大辞泉)

引退(いんたい)
意味:役職や地位から身を退くこと。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました