埋め合わせとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

埋め合わせ

「守れなかった約束の埋め合わせ」などのように使う「埋め合わせ」という言葉。

「埋め合わせ」は、訓読みで「うめあわせ」と読みます。

「埋め合わせ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「埋め合わせ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

埋め合わせの意味

「埋め合わせ」には次の意味があります。

埋め合わせること。おぎない。(出典:デジタル大辞泉)

「埋め合わせ」をわかりやすくいうと、足りていないことを補うという意味なります。かわりになるものでカバーするということです。
失敗だったら他の方法、予定だったら他の時間など、埋め合わせる方法はその都度変わり多種多様。さまざまな場面で使われる言葉になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・犯人はこうして自分の失策の埋め合わせをしようと、あせればあせるほど、だんだんぼろを出しつつあるのです。
(出典:横溝正史『呪いの塔』)

・貴女は不当な仕打ちを受けたのですから、その埋め合わせをしてあげたい。
(出典:ドイル/鈴木幸夫,鮎川信夫,齊藤重信訳『シャーロック・ホームズ全集(上)』)

・だから憶えていた。ふむ、あの娘に対する埋め合わせというのなら、多少はやる気も出てくる。
(出典:西尾維新『物語シリーズ 12 恋物語』)

・頂上までの僅かな坂は、埋め合わせをするようなつもりで普通に駆け上がる。
(出典:米澤穂信『古典部シリーズ5 ふたりの距離の概算』)

・あなたが私にひどいことを言ったから、その埋め合わせをしてもらいたいわけ。
(出典:村上春樹『1Q84 BOOK1』)

類語

補いおぎない
意味:おぎなうこと。おぎなうもの。埋め合わせ。(出典:デジタル大辞泉)

償うつぐなう
意味:犯した罪などに対して、金品や行為でうめ合わせをする。(出典:デジタル大辞泉)

填補てんぽ
意味:不足をうめ補うこと。欠損をうめたすこと。補足。補充。補填。(出典:精選版 日本国語大辞典)

補償ほしょう
意味:補いつぐなうこと。つぐなって埋め合わせること。償補。(出典:精選版 日本国語大辞典)

カバーcover
意味:不備・不足などを補うこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました