スポンサーリンク

地獄とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

地獄

「地獄に落ちる」などのように使う「地獄」という言葉。

「地獄」は、音読みで「じごく」と読みます。

「地獄」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「地獄」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

地獄の意味

「地獄」には次の意味があります。

死後に赴くとされる他界の一つ。仏教では,罪を犯した人間が死後に行く所とされ,地下または地の果てにあるという。(出典:百科事典マイペディア)

他界の1つというのは天国と地獄というだけでなく、仏教の天道や修羅道、人間道といった六道のうちの1つという意味になります。日本では火山や温泉,地熱地帯が宗教と結びつくことが多くあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・本当に引くことも進むことも出来ない地獄の呪いにかかっているのです。
(出典:江戸川乱歩『悪魔の紋章』)

・あなたのお話を聞いていると、地獄が無いなどとは思われなくなります。
(出典:倉田百三『出家とその弟子』)

・その動機は天より来るものでなく、地獄にいたるような性質のものです。
(出典:倉田百三『青春の息の痕』)

・ジャン・ヴァルジャンは地獄の一つの世界から他の世界へ陥ったのである。
(出典:ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』)

・心の悪は眼には見えず、手にはとらへがたく、これこそ、地獄の悪なり。
(出典:林芙美子『浮雲』)

類語

他界たかい
意味:人間の現実世界とは別の,神霊や祖霊がいる世界。(出典:百科事典マイペディア)

奈落ならく
意味:地獄の意。サンスクリットのナラカnarakaの音訳語(出典:日本大百科全書)

生地獄いきじごく
意味:生きている現世で、まるで地獄におちたような苦しみを経験すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

泥梨ないり
意味:仏語。地獄。奈落。奈利。(出典:デジタル大辞泉)

インフェルノ
意味:キリシタン用語で、地獄。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました