喧伝とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

喧伝

「喧伝する」などのように使う「喧伝」という言葉。

「喧伝」は、音読みで「けんでん」と読みます。

「喧伝」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「喧伝」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

喧伝の意味

「喧伝」には次の意味があります。

盛んに言いはやして世間に広く知らせること。(出典:デジタル大辞泉)

「喧」という字には「やかましい」という意味があり、「喧伝」は「口やかましく伝える」というニュアンスになります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・いくらにせ者と喧伝けんでんしたところで、向こうは月の社会を知り抜いている。
(出典:福井晴敏『∀ガンダム(下))

・驚異をもって喧伝されていた。
(出典:ドストエフスキー /中山省三郎訳 『白痴(上)』)

・この場合も晋は悪府使の代表としてその名を喧伝されてしまう。
(出典:隆慶一郎 『一夢庵風流記』)

・そして、宣伝は喧伝なのであり、いきおい、大げさにならざるをえない。
(出典:森本哲郎『日本語 根ほり葉ほり』)

・反対に海軍のほうは、大いに「英雄」をこしらえて国民に喧伝した。
(出典:小堺昭三 『男の切れ味(下)』)

類語

吹聴(ふいちょう)
意味:言い広めること。(出典:デジタル大辞泉)

流布(るふ)
意味:広く世間に行き渡ること。(出典:)

宣布(せんぷ)
意味:広く世の中に行き渡らせること。(出典:)

言歩く(いいあるく)
意味:あちこち触れて回る。(出典:デジタル大辞泉)

言触らす(いいふらす)
意味:触れ回って広く世間に知らせる。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました