喜悦とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

喜悦

「喜悦の声を聞く」などのように使う「喜悦」という言葉。

「喜悦」は、音読みで「きえつ」と読みます。

「喜悦」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「喜悦」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

喜悦の意味

「喜悦」には次の意味があります。

喜ぶこと。喜び。(出典:精選版 日本国語大辞典)

大きな喜びを意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だがその喜悦の中には抑えなくてはいけない、怒りに似た感覚がある。
(出典:森茉莉『甘い蜜の部屋』)

・彼はこのような高貴な行為の中に快楽喜悦を感じていたのだということを。
(出典:モンテーニュ/関根秀雄訳『モンテーニュ随想録抄』)

・権兵ヱはだが客と寝ていなかったのに喜悦して側へ寄ったのである。
(出典:五味康祐『いろ暦四十八手』)

・この強い喜悦の感情は幼児がこのときに何かを発見したことを示しています。
(出典:内田樹『寝ながら学べる構造主義』)

・連中が苦しんでいる様を目にして、確かに喜悦を感じてしまっている。
(出典:海原育人『ドラゴンキラーいっぱいあります (shift-JIS)』)

類語

喜ぶ(よろこぶ)
意味:そのことにあって、うれしいと思う。楽しく快い気持ちになる。(出典:デジタル大辞泉)

歓喜(かんき)
意味:非常に喜ぶこと。また、心からの喜び。(出典:デジタル大辞泉)

随喜(ずいき)
意味:ありがたく思い、大いに喜ぶこと。(出典:デジタル大辞泉)

満悦(まんえつ)
意味:満足して喜ぶこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

祝(いわい)
意味:めでたいとして喜ぶこと。祝賀。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました