咄嗟とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

咄嗟

「咄嗟に振り払う」などのように使う「咄嗟」という言葉。

「咄嗟」は、音読みで「とっさ」と読みます。

「咄嗟」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「咄嗟」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

咄嗟の意味

「咄嗟」には次の意味があります。

ごくわずかな時間。(出典:デジタル大辞泉)

「咄嗟の判断」であれば、ごくわずかな時間でした判断という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・どう答えたものか咄嗟には判断できずに、普通の受け答えをしてしまう。
(出典:米澤穂信『古典部シリーズ3 クドリャフカの順番』)

・以前、どこかで見かけたような顔であったが、咄嗟にはおもいだせない。
(出典:森村誠一『夢の原色』)

・私の咄嗟の嘘でパートナーにいらぬ苦労をかける羽目になってしまった。
(出典:田丸公美子『パーネ・アモーレ イタリア語通訳奮闘記』)

・今度はぼくの方が言葉に詰まってしまい、咄嗟には何も言えなかった。
(出典:西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』)

・千鶴さんに言葉を返そうとしたが、咄嗟にはなにも思い浮かばなかった。
(出典:高橋龍也『痕 ―きずあと―』)

類語

須臾(しゅゆ)
意味:わずかの時間。(出典:精選版 日本国語大辞典)

一瞬間(いっしゅんかん)
意味:一瞬の時間。(出典:デジタル大辞泉)

一弾指(いちだんし)
意味:指を一度はじくほどの短い時間。(出典:デジタル大辞泉)

モーメント
意味:非常に短い時間。(出典:精選版 日本国語大辞典)

転瞬(てんしゅん)
意味:またたきするほどの短い時間。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました