親交とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

親交

「親交が深い」などのように使う「親交」という言葉。

「親交」は、音読みで「しんこう」と読みます。

「親交」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「親交」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

親交の意味

「親交」には次の意味があります。

親しく交わること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

わかりやすく言うと「親しく付き合うこと」という意味です。
人同士の交流について使うことが多いですが、国同士などの交流についても使います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・私は珍しい人物と親交を結ぶことになりました。
(出典:山田風太郎『明治十手架(上) 山田風太郎明治小説全集13』)

・実際、君が幼いころに会って以来、親交がなかったっていうんだから。
(出典:川島誠『NR(ノーリターン)』)

・ぼくは彼と一層親交を深めることができた。
(出典:横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』)

・唐が新羅と親交を保っているのは朝鮮三国が団結されては困るからである。
(出典:黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(上)』)

・大学にはいってからも彼は孤独好きで、殆んど誰とも親交を結ばなかった。
(出典:神西清『チェーホフ試論』)

スポンサーリンク

類語

・竹馬の友(ちくばのとも)
意味:おさない時からの親しい友だち。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・親身(しんみ)
意味:肉親であるかのように、こまやかな心づかいをすること。(出典:デジタル大辞泉)

・フレンドリー
意味:友好的であるさま。親しみやすいさま。(出典:デジタル大辞泉 )

・親愛(しんあい)
意味:人に親しみと愛情をもっていること。(出典:デジタル大辞泉 )

・親密(しんみつ)
意味:非常に親しいこと。きわめて仲のよいこと。(出典: 精選版 日本国語大辞典 )

タイトルとURLをコピーしました