吸引とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

吸引

「吸引力がすごい掃除機」などのように使う「吸引」という言葉。

「吸引」は、音読みで「きゅういん」と読みます。

「吸引」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「吸引」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

吸引の意味

「吸引」には次の意味があります。

吸い込むこと。また、ひきつけること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「吸引」の使い方である「吸引力」は「吸い込む力」であり掃除機の性能を表現するときに使われます。また、物理的に吸い込むだけではなく人心を掌握する意味で使われることもあります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

吸引機のようなものが作動して、下へ下へと引き込まれているだとわかる。
(出典:福井晴敏『機動戦士ガンダムUC(全10巻) 機動戦士ガンダムUC 10 虹の彼方に(下)』)

・純粋のニッケルが磁石に吸引せられる事はちょっと人の知らぬ事です。
(出典:甲賀三郎『ニッケルの文鎮』)

・彼女とぼくは、二人で同じパイプを使い、かわるがわるに吸引しました。
(出典:A・バートラム・チャンドラー『銀河辺境シリーズ(全25巻) 23 外伝8/銀河辺境の彼方』)

・そして妹がこの方法で精気を吸引するのは初めてのことになる。
(出典:鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 1』)

・その瞳は表情を欠き、かわりに、磁気的な吸引力を持っているようである。
(出典:田中芳樹『創竜伝 第2巻』)

類語

吸収(きゅうしゅう)
意味:取り入れてうちに吸いとること。吸いこむこと。または取り入れて自分のものにすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

引付ける(ひきつける)
意味:近くに引き寄せる。手元に近づかせる。(出典:デジタル大辞泉)

吸込む (すいこむ)
意味:液体や気体などを、吸って中のほうまで入れる。人や物を中に引き入れたり、包み込んだりする。(出典:デジタル大辞泉)

呑込む (のみこむ)
意味:飲みこむこと。飲みくだすこと。(出典: 精選版 日本国語大辞典 )

誘引(ゆういん)
意味:誘い入れること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました