否めないとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

否めない

「経験不足であることは否めない」などのように使う「否めない」という言葉。

「否めない」は、訓読みで「いなめない」と読みます。

「否めない」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「否めない」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

否めないの意味

「否めない」には次の意味があります。

断ることができない。否定できない。(出典:デジタル大辞泉に)

「否めない」は可能動詞の「否む」と、未然形+打消しの「ない」が連なった連語になっています。はっきりと断言が出来ないが、否定をしないといけない場で使われています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この三日間、自分の心が動物達よりも深雪に向いていたことは否めない
(出典:新堂冬樹『忘れ雪』よ)

・だから、不意に敬礼されたぼくが一瞬奇妙な気分になったのは否めない
(出典:眉村卓『不定期エスパー7』)

・あの頃、誰も彼もが程度の差こそあれ栄養失調であったことは否めない
(出典:阿久悠『続・瀬戸内少年野球団紅顔期』)

・しかし休眠しているとはいえ、少しずつ消耗していくのは否めなかった
(出典:池上永一『レキオス』)

・ジャンヌ・ドゥ・フランスが神聖な妻の座を失ったことは否めないのだ。
(出典:佐藤賢一『王妃の離婚』)

類語

既知(きち)
意味:すでに知られていること。すでに知っていること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

瞭然(りょうぜん)
意味:はっきりしていて疑いのないさま。(出典:デジタル大辞泉)

強ち(あながち)
意味:断定しきれない気持ちを表す。(出典:デジタル大辞泉)

違いない(ちがいない)
意味:応答の言葉として、肯定の返事を表す。そのとおりだ。(出典:デジタル大辞泉)

必ずしも(かならずしも)
意味:必ず…というわけではない、…とは限らない、という気持ちを表す。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました