名誉挽回とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

名誉挽回

「名誉挽回の好機」などのように使う「名誉挽回」という言葉。

「名誉挽回」は、音読みで「めいよばんかい」と読みます。

「名誉挽回」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「名誉挽回」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

名誉挽回の意味

「名誉挽回」には次の意味があります。

失った信用や評価を取り戻すこと。(出典:四字熟語を知る辞典)

「挽回」はもとにひき戻す、回復するといった意味の言葉です。
「汚名返上」と混合され、「名誉返上」と間違えられることがありますが、名誉は「挽回」するものとなります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・かれはその機会を利用して、彼女の目の前で名誉挽回をおこなおうと考えた。
(出典:ハインライン『動乱2100』)

・野島には名誉挽回の気持があったので、妹からの電話を待っていた。
(出典:川上宗薫『感度の問題』)

・ファッカー山田の名誉挽回のためにかり出されるのはわかりきっていた。
(出典:群ようこ『別人「群ようこ」のできるまで』)

・わずか一週間ほどの間に、ミスを補ってあまりある名誉挽回をしてくれたのである。
(出典:高杉良『生命燃ゆ』)

・これでよし、いまからでも名誉挽回が出来るかも知れぬ、と私は素直に喜んでいた。
(出典:太宰治『善蔵を思う』)

スポンサーリンク

類語

汚名返上(おめいへんじょう)
意味:新たな成果を挙げて、悪い評判をしりぞけること。(出典:デジタル大辞泉)

雪辱(せつじょく)
意味:恥をすすぐこと。特に、競技などで負けたことのある相手を破って名誉を取り戻すこと。(出典:デジタル大辞泉)

リベンジ(revenge)
意味:復讐すること。報復。仇討ち。また、競技で、一度敗れたことのある相手を打ち負かすこと。借りを返すこと。(出典:デジタル大辞泉)

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
意味:復讐を心に誓って辛苦すること。また、目的を遂げるために苦心し、努力を重ねること。(出典:デジタル大辞泉)

失地回復(しっちかいふく)
意味:失われた地位や勢力などを取り戻すこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました