叢雲とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

叢雲

「月に叢雲」などのように使う「叢雲」という言葉。

「叢雲」は、訓読みで「むらくも」と読みます。

「叢雲」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「叢雲」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

叢雲の意味

「叢雲」には次の意味があります。

むらがり立った雲。(出典:デジタル大辞泉)

「叢雲」をわかりやすくいうと、もこもこともりあがり高く盛り上がる雲のことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・草薙も叢雲も風に関する名、暴風を意味する荒の王の下に入るべき名だ。
(出典:川上稔『AHEADシリーズ 04 終わりのクロニクル②〈下〉』)

・陽もやがて疲れて、叢雲の血煙を自分の身にも受けて燃え爛れた銅のやうになつた。
(出典:有島武郎『潮霧』)

・雨期が明けてまだ日も浅いこの季節、朝の空は一面ほの白い叢雲に覆われている。
(出典:篠田真由美『玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿』)

・両腕には叢雲の中を龍が天を望み、背中では坂田の金時が、熊を抛り投げている。
(出典:安部譲二『時速十四ノット、東へ』)

叢雲に遮られることもなく、丸盆のような月が夜空にあった。
(出典:山本一力『損料屋喜八郎始末控え』)

類語

群雲むらくも
意味:高積雲や層積雲のこと。むらがり立つ雲。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました