受験とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

受験

「受験勉強に取り組む」などのように使う「受験」という言葉。

「受験」は、音読みで「じゅけん」と読みます。

「受験」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「受験」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

受験の意味

「受験」には次の意味があります。

試験を受けること。入学や入社、また資格をとるための試験を受けること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「受験」をわかりやすく言うと「高校や大学などに入学するために試験を受けること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼も、学校の勉強や受験準備にはなんの興味ももっていないようだった。
(出典:森村誠一『腐蝕の構造』)

・美大受験のために学んだ技術すべてを少年はどんどんと吸収していった。
(出典:林亮介『和風Wizardry純情派 1』)

・随分昔に自分の受験番号を探したときと同じで頭の中が熱くなっている。
(出典:山下洋輔『ドバラダ門』)

・もし高校生に戻るとしたら、受験ももう一回やらなくちゃならないのだ。
(出典:乾くるみ『リピート』)

・そもそも俺がこの村に来たのは、静かな環境で受験勉強するためだぜ。
(出典:今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』)

類語

試験しけん
意味:入学・入社・登用などの採否を決めるため、問題に答えさせたり実技をさせたりして、学力・知識・能力などを判断・評価すること。考試。考査。(出典:デジタル大辞泉)

考査こうさ
意味:学校で、生徒の学業成績を調べるための試験。(出典:デジタル大辞泉)

試問しもん
意味:学力や知識などの程度を、問題を出してためすこと。また、その問題。(出典:デジタル大辞泉)

テスト
意味:学力や、知能、能力などを知るための試験。検査。また、その試験をすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

オーディション
意味:歌手、俳優などを登用するため、審査をすること。音声審査。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました