反駁とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

反駁

「反駁する」などのように使う「反駁」という言葉。

「反駁」は、音読みで「はんばく」と読みます。

「反駁」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「反駁」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

反駁の意味

「反駁」には次の意味があります。

他人の主張や批判に対して論じ返すこと。反論。(出典:デジタル大辞泉)

「駁」は「非難する」という意味を持つ漢字です。
「反駁」をわかりやすく言うと「非難に対して反論する」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だが私は、彼の言葉に同調する気にも、反駁する気にもなれなかった。
(出典:山田正紀『氷河民族(流氷民族)』)

・之に対して田辺元は「科学政策の矛盾」によって有力な反駁を試みた。
(出典:戸坂潤『現代日本の思想対立』)

反駁はしなかったものの、王子様には無理です、と羽女は告げている。
(出典:黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 2 西戦の巻(上)』)

・彼の説は残念ながら私としては反駁するよりも屈服したほうが無難なものであった。
(出典:ラム/平井正穂訳『エリア随筆』)

反駁することは争うことであり、賛成することは合意することである。
(出典:石川達三『青春の蹉跌』)

スポンサーリンク

類語

反逆(はんぎゃく)
意味:権威・権力などにさからうこと。(出典:デジタル大辞泉)

反論(はんろん)
意味:相手の論や批判に反対の意見を述べること。また、その議論。(出典:デジタル大辞泉)

応酬(おうしゅう)
意味:先方からしてきたことに対して、こちらからもやり返すこと。(出典:デジタル大辞泉)

論争(ろんそう)
意味:互いに言い争うこと。(出典:デジタル大辞泉)

抗弁(こうべん)
意味:相手の主張に対して、自己の立場を堅持して反論すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました