反論とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

反論

「上司に反論する」などのように使う「反論」という言葉。

「反論」は、音読みで「反論」と読みます。

「反論」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「反論」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

反論の意味

「反論」には次の意味があります。

相手の議論に対して言いかえすこと。また、その議論。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「反論」をわかりやすくいうと、相手の発言した内容に対して、反対の意見をいうことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あまりにも単純化されたこのような質問に、どんな反論が可能だろうか。
(出典:片岡義男『日本語の外へ(下)』)

・僕が反論したりするとすぐ本気になって反撃するように悪態をつくんだ。
(出典:尾崎豊『普通の愛』)

・というかこうなったら反論しても無駄なことを才人はよく知っていた。
(出典:ヤマグチノボル『ゼロの使い魔 第6巻〈贖罪の炎赤玉〉』)

・彼が求めていたのは修正意見であって、真っ向からの反論ではないらしい。
(出典:山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』)

・その言葉に反論する気のある者は存在しないだろう。
(出典:上遠野浩平『ぼくらは虚空に夜を視る』)

類語

駁論(ばくろん)
意味:相手の論を非難し、反対意見を述べること。(出典:デジタル大辞泉)

抗弁(こうべん)
意味:相手の主張に対して、自己の立場を堅持して反論すること。(出典:デジタル大辞泉)

反駁(はんばく)
意味:他人の意見に反対して非難攻撃を加えること。(出典:デジタル大辞泉)

オブジェクション
意味:異論。また、反対。(出典:精選版 日本国語大辞典)

物言(ものいい)
意味:反論すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました