印刷とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

印刷

「大量に印刷する」などのように使う「印刷」という言葉。

「印刷」は、音読みで「いんさつ」と読みます。

「印刷」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「印刷」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

印刷の意味

「印刷」には次の意味があります。

・原稿に従って印刷版を作り、その版面にインクなどをつけて文字・図形を多数の紙や布などに刷りうつすこと。また、その技術。印刷版の種類により凸版印刷・平版印刷・凹版印刷などがある。(出典:デジタル大辞泉)

「印刷」とは、インクを使い、版面に描き出されているものを紙などに刷ることを言います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・自分が有名になって自分の書くものがすべて印刷される日がやって来る。
(出典:マン/高橋義孝訳『トニオ・クレーゲル/ヴェニスに死す』)

・そこには三人の名前が印刷され、その下に日付と事件のリストがあった。
(出典:ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』)

・だから紙面も立派に印刷された時の作者の滿足はどんなであつたらうか。
(出典:長塚節『記憶のまゝ』)

・彼がいちばん興味をひかれたのは、印刷するまでになっている紙だった。
(出典:J・ハンター・ホーリー/小倉多加志訳『0011/ナポレオン・ソロ・シリーズ 第11巻 世界木枯し作戦』)

・一巻は既に出来上りましたし、二巻を印刷して殆ど出来上っております。
(出典:高楠順次郎『東洋文化史における仏教の地位』)

類語

・刷る(する)
意味:活版・版木などの面にインク・絵の具などをつけて、紙を当てて文字や絵を写し取る。印刷する。(出典:デジタル大辞泉)

・プリント
意味:印刷すること。また、印刷物。(出典:デジタル大辞泉)

・活版印刷(かっぱんいんさつ)
意味:活版で印刷すること。また、印刷したもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・平版印刷(へいはんいんさつ)
意味:印刷技術の一つ。版面にほとんど凹凸がなく、画線部を親油性に、非画線部を親水性に製版し、インクの脂肪と水の反発性により印刷されるもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・謄写(とうしゃ)
意味:謄写版で印刷すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました