協調とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

協調

「協調する」などのように使う「協調」という言葉。

「協調」は、音読みで「きょうちょう」と読みます。

「協調」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「協調」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

協調の意味

「協調」には次の意味があります。

・ 互いに力を合わせて、助け合うこと。利害の相反する双方が、協力して問題を解決すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「協調」を分かりやすく言うと「自分一人だけでなく、仲間や皆と一緒に協力して行うこと」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・どこの世界にも協調性など薬にしたくもないという人々が存在する。
(出典:九里史生『SAO Web 01』)

・むろん今後とも健全な競争はしなければなりませんが協調も必要です。
(出典:佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』)

・その変化の中に協調と進化を呼び込み、少しずつでも前進しようとする。
(出典:福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 08 宇宙と惑星と』)

・ここでも協調性がなく、いつも仲間たちから孤立していたそうである。
(出典:森村誠一『精神分析殺人事件』)

・内心はどうあれ、表面的には高宗と秦檜は協調して国を統治していった。
(出典:田中芳樹『紅塵』)

スポンサーリンク

類語

共同(きょうどう)
意味:複数の人や団体が、同じ目的のために一緒に事を行ったり、同じ条件・資格でかかわったりすること。(出典:デジタル大辞泉)

和協(わきょう)
意味: 仲よくして力を合わせること。(出典:デジタル大辞泉)

連携(れんけい)
意味:互いに連絡をとりながら物事を行なうこと。手をたずさえて物事をすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

和協(わきょう)
意味:仲よくして力を合わせること。和衷協同。(出典:デジタル大辞泉)

調和(ちょうわ)
意味:全体がほどよくつりあって、矛盾や衝突などがなく、まとまっていること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました