助太刀とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

助太刀

「助太刀を買って出る。」などのように使う「助太刀」という言葉。

「助太刀」は、熟字訓(じゅくじくん)で「すけだち」と読みます。
熟字訓読みとは、熟字に訓を当てた読み方です。

「助太刀」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「助太刀」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

助太刀の意味

「助太刀」には次の二つの意味があります。

1 果たし合いやあだ討ちなどに助勢すること。
2 人に加勢、助力をすること。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

助太刀の意味①「果たし合いやあだ討ちなどに助勢すること。」

「助太刀」の一つ目の意味は「果たし合いやあだ討ちなどに助勢すること。」です。

現代では、あまり使用されませんが、時代物の小説やドラマなどではよく目にする表現です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・思いもかけず、強そうな男が二人も助太刀を買って出てくれたのである。
(出典:柴田錬三郎『江戸群盗伝』)

・武蔵の方に、何名助太刀がついて来ても、世間は彼の名の一つしかいわぬ。
(出典:吉川英治『宮本武蔵』)

・それを眼前にみつつ、助太刀にきたはずのじぶんがお美也の足をとどめている!
(出典:山田風太郎『軍艦忍法帖』)

・兄の仇を探していた。ある日友達が来て、敵の居所が知れた、助太刀するから行こうと言った。                       (出典:藤沢周平『又蔵の火』)

類語

・掩護射撃(えんごしゃげき)
意味:敵の攻撃から味方を守るために、側面や後方から射撃を行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

助太刀の意味②「人に加勢、助力をすること。」

「助太刀」の二つ目の意味は「人に加勢、助力をすること。」です。

一つ目の意味から派生して、広く一般に加勢、助力することを意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・むかつくところは多々ある女だが、今は神様相手に孤軍奮闘《こ ぐんふんとう》しているのも事実だ。これを見て助太刀にも行かず、見て見ぬふりは できそうにもなかった。
(出典:丈月城『カンピオーネ! 3 はじまりの物語』)

・私も一言助太刀をしようと思ったが、正直のところ、自信がないのでやめた。君子は無駄なことはせぬのである。
(出典:なだいなだ『クレージイ・ドクターの回想』)

類語

・応援(おうえん)
意味:味方となって励まし、また、助けること。また、その者。加勢。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・支援(しえん)
意味:活動を容易にするためにささえ助けること。援助。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・援助(えんじょ)
意味:困った状況にある人をたすけること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました