割愛とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

割愛

「話を割愛する」などのように使う「割愛」という言葉。

「割愛」は、音読みで「かつあい」と読みます。

「割愛」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「割愛」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

割愛の意味

「割愛」には次の意味があります。

惜しいと思うものを、思いきって捨てたり、手放したりすること。(出典:デジタル大辞泉)

似た意味で省略がありますが、省略は説明の必要がないため省くといった意味が含まれています。割愛は色々な諸事情により説明を省くという意味になり、割愛は本当は必要なものであるが、時間や場所に余裕がないことから手放してしまうというニュアンスになります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・しかし紙数の都合上、割愛せざるを得なかった。
(出典:宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』)

・そのストーリーは、いかにも時代錯誤的なものであったが、ここでは割愛しておこう。
(出典:ヘディン/長尾宏也訳『シルクロード』)

・私はこの点に関して特に小学校教師養成機関に就て論じたい事もあるが、今は割愛したい。
(出典:小川未明『人間性の深奥に立って』)

・結局二十日ばかり入院したのだが、そのときの話は割愛して、このときコルセットなるものを作ってもらった。
(出典:山田風太郎『死言状』)

・本電子文庫版は、講談社文庫版を底本とし、写真・解説は割愛いたしました。
(出典:ニコル『C・W・ニコルの旅行記』)

類語

省略しょうりゃく
意味:簡単にするために一部を取り除くこと。(出典:デジタル大辞泉)

省くはぶく
意味:全体から一部を取り除く。減らす。また、節約する。(出典:デジタル大辞泉)

端折るはしょる
意味:ある部分を省いて短く縮める。省略する。(出典:デジタル大辞泉)

オミット
意味: 除外すること。しめ出すこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

飛ばすとばす
意味:途中を抜かして先へ進む。間をぬく。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました