利便性とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

利便性

「利便性を重視して引っ越す」などのように使う「利便性」という言葉。

「利便性」は、音読みで「りべんせい」と読みます。

「利便性」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「利便性」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

利便性の意味

「利便性」には次の意味があります。

便利であること。また、便利さの程度。(出典:デジタル大辞泉)

「利便性を重視して引っ越す」は、「生活や仕事において便利さを大事に考え、より便利なところに引っ越す」という意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・インターネットの爆発的普及は利便性の一方で情報ストレスをもたらしています。
(出典:野中郁次郎 紺野登『知識経営のすすめ』)

・しかし、エリカは能率や利便性よりも面白さや痛快さを偏愛する人間である。
(出典:丈月城『カンピオーネ! 1 神はまつろわず』)

・強制ではないといいながらも、小平は自分の職場名を伝えることでかなりの場合フリーパスとなりうることに、利便性を感じているようだった。
(出典:松岡圭祐『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』)

・質の高いセキュリティシステムと利便性を謳っており、値段は県内でも指折りといわれている。
(出典:海月ルイ『プルミン』)

・メールにはメールの利便性があるが、直筆の手紙には、言葉には表せない書き手の想いが伝わるような気がする。
(出典:秋元康『着信アリ』)

類語

便利(べんり)
意味:目的を果たすのに都合のよいこと。あることをするのに重宝で、役に立つこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

アクセシビリティー
意味:近づきやすいこと。物を得やすいこと。また、道具などの使いやすさ、情報やサービスに対する利用のしやすさ。(出典:デジタル大辞泉)

快適(かいてき)
意味:心身に不快に感じられるところがなく気持ちがいいこと。ぐあいがよくてこころよいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

好条件(こうじょうけん)
意味:ある目的にかなう都合のよい条件。有利な条件。(出典:デジタル大辞泉)

実用的(じつようてき)
意味:実際の用に適するさま。実際に役に立つさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました