列挙とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

列挙

「種類ごとに列挙する」などのように使う「列挙」という言葉。

「列挙」は、音読みで「れっきょ」と読みます。

「列挙」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「列挙」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

列挙の意味

「列挙」には次の意味があります。

並べあげること。一つ一つ数えあげること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「列挙」とは、ただ並べるだけでなく、種類ごとなどの法則に沿って並べ挙げるという意味合いで用いられます。
わかりやすく言うと、ものや事柄を並べる、もしくは一つ一つ数えていくという意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この場合には、違いも類似点も無限に列挙することが可能だからである。
(出典:養老孟司『無思想の発見』)

・俳句歳時記の秋の部には、このような月の諸相をめぐる季語のかずかずが列挙されている。
(出典:大岡信『名句歌ごよみ〔秋〕』)

・以上は、もとよりロマンチスムの文学の全特色を列挙したものではなくて、単にその本質的特色を挙げたのに過ぎない。
(出典:平林初之輔『文学方法論』)

・参考までに作品名を列挙し、簡単に内容を記しておこう。
(出典:小鷹信光『アメリカン・ヒーロー伝説』)

・出来ること、そしてかつてしたことをあげていくと、かなりの数の列挙になる。
(出典:片岡義男『ラハイナまで来た理由』)

類語

羅列(られつ)
意味:連ね並べること。また、連なり並ぶこと。(出典:デジタル大辞泉)

列記(れっき)
意味:並べて書きしるすこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

枚挙(まいきょ)
意味:いちいち数え上げること。一つ一つ数えたてること。(出典:デジタル大辞泉)

書き連ねる(かきつらねる)
意味:あれこれと種々のことを並べて書く。(出典:精選版 日本国語大辞典)

並べる(ならべる)
意味:次々といくつもあげて言う。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました