分析とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

分析

「検査結果の分析」などのように使う「分析」という言葉。

「分析」は、音読みで「ぶんせき」と読みます。

「分析」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「分析」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

分析の意味

「分析」には次の意味があります。

複雑な事柄を一つ一つの要素や成分に分け、その構成などを明らかにすること。(出典:デジタル大辞泉)

ある事柄について細かく分けて考えること、またその分けた割合を出す場合もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だが新聞の社会的機能は以上分析された程度のものに止まってはならぬ。
(出典:戸坂潤『現代哲学講話』)

・その意味で現存在の分析論のうちに基礎的存在論を求めることができる。
(出典:細川亮一『ハイデガー入門』)

・いや、源氏から見たこの人の性格分析に興味があるというべきだろうか。
(出典:田辺聖子『源氏紙風船』)

・思うに五官の認識の方法は一面分析的であると同時にまた総合的である。
(出典:寺田寅彦『感覚と科学』)

・子どもには感じる能力はあるが、その感じたことを分析する能力はない。
(出典:シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(上)』)

類語

解析(かいせき)
意味:事物の構成要素を細かく理論的に調べることによって、その本質を明らかにすること。(出典:デジタル大辞泉)

鑑定(かんてい)
意味:物事を判断すること。また、その判断。(出典:デジタル大辞泉)

調査(ちょうさ)
意味:物事の実態・動向などを明確にするために調べること。(出典:デジタル大辞泉)

吟味(ぎんみ)
意味:物事を念入りに調べること。また、念入りに調べて選ぶこと。(出典:デジタル大辞泉)

アナリシス
意味:分析。分解。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました